ドラムヘッドの張り替え、チューニング。手順を追って。

NEXT LIVE!!

■オトループ

オトループ Official web

オトループワンマンライブ「LOOP TO GO!」完全ノーカットライブDVD ライブ会場、HPにて好評発売中


8月16日(木) 新横浜BELL'S
出演:信夫正彦with伴慶充/Showji young/オトループ
open18:30 start19:00 前¥2000 当¥2500(ドリンク代別)

8月17日(金) 恵比寿天窓Switch
KATA-KANA/平岡史也/松本佳奈/RAIN Chords /オトループ
18:15op/18:45st ¥2,500(ド別)

8月28日(火) 下北沢ReG
TEDDY-PARTY.net presents 『Peerless Guitar Rock』live
出演:SUMMER SOLSTICE / CoolRunnings / the thief / オモイメグラス/オトループ
前売り¥2,300-(ドリンク別)/当日¥2,800-(ドリンク別)
OPEN 18:00 / START 18:20

8月30日(木) 吉祥寺SHUFFLE
KICHIJOJI SHUFFLE 5th Anniversary!!
nakashima presents 「PAST MASTERS vol.40」
BITE THE LUNG / O.S.D / yoshitac@ /
カムロバウンス / SWEETIE JUNK FILE/オトループ
open 17:30/start 18:00 adv 2,500/door 3,000

9月2日(日) 渋谷Milky way
WAS presents[Megaton chop party!!]
WAS/DAFF/オトループ

9月19日(火) 吉祥寺Star pine's cafe
SPC 15th Anniversary

チケット予約、CD通販はオトループ Official webまで!


■JAM LOCK BOY

JLB Official

「未確定のJAMVol.8」開催決定!!

8月29日(水) 渋谷 UNDER DEER LOUNGE
OPEN18:30/START19:30
Ticket:2000YEN+1Drink

■Trio


7月27日(日) アコースティックライブバー七面鳥
こやっち(JAM LOCK BOY)Bass 17Kyon SAX 田中陽 Drums
チャージ: \2,300 / 1drink \500
東京都渋谷区道玄坂2-14-17
http://www.7mentyo.com


■カミソリジェット

8月11日(土)銀座ヤマハホール
「ときめいて銀座」カミソリジェットライブ2012
open/start 17:30/18:00
前売り2000円


■わさんぼん
8月12日(日) Cafe de blanc~kunitachi~(カフェ・ド・ブラン国立)

~夏のケーキセットコンサート~
open14:45start15:00
大人2500円子ども2000円
(デザートプレートと1d付き)

田中涼子(ヴァイオリン)
森崎みずき(ヴォーカル)
細木原光紗(ピアノ)
ゲスト:田中陽(パーカッション)


※使用機材のページをつくりました。
随時更新してますので、是非ご覧ください。
EQUIPMENTS

※各種チケット予約、お問い合わせは
drums_per@yahoo.co.jp (田中陽直通) までお願い致します。 

********************************


あきらです!
今日は暑かったですねー。

僕は髪を切りにいって、友達の楽器店でドラムのヘッドを一式買って、帰ってセットのメンテの続きをしました!

今日はセットのヘッドの張り替えやチューニングの模様を一部始終載せちゃいますので、ご興味がある方は見ていってくださいませ。

c0147116_19203458.jpg




まずタムから始めます。

c0147116_19201344.jpg


元はこの状態。
打痕だらけできれいな状態とは言えません。
ヘッドを交換するタイミングは人によりますが、音が伸びなくなったり打痕で凹んだりしていたら換え時です。

c0147116_19203154.jpg


一つ一つボルトを外し、リムとヘッドを取り外します。
ボルトを緩めるときには、対角線上に並んだボルトを一つずつ少しずつ緩めます。
一方向だけ急激に緩めると、太鼓をいためる原因になります。

c0147116_19203076.jpg


ラグ周辺のホコリや汚れを掃除します。
外したときにしかできませんからね。

c0147116_19201319.jpg


ボルトについた古いオイルなども拭き取っておきます。

c0147116_1920846.jpg


新しいヘッドを装着したら、外した時と同じく対角線上に少しずつ閉めていきます。

このときヘッドが「ピキピキ」と音をたてますが、ヘッドと糊が伸びる音ですので少し強めに張ってヘッドに体重をかけて、ピキピキ音がしなくなるまでヘッドを伸ばしてあげてください。
この作業をしないと、叩いている最中にどんどん伸びてヘッドのテンションが下がっていってしまいます。

今回タム類にはレモのコーテッドエンペラーを張りました。
スタンダードのヘッドの少し厚い版です。(写真はフロア)

完成型は、パワーもあるけど音のツヤの出過ぎない、いなたい感じをイメージしました。

c0147116_19202811.jpg


フロアも同様に進めました。
フロアタムは15、16インチと二つあり、両方80年代のパール製のタイコですが、サイズの珍しい15インチの方は中にファイバーグラスの張ってあるGAXシリーズ、写真の16インチの方は後付けされたもので、深胴でシェルも厚いZシリーズです。
超ロックな音がします。中も胴が厚くて美しいでしょ。


さて、タムは終わったのでバスドラムに取りかかります。

c0147116_19201168.jpg


元はこの状態。
タムと同じ要領でボルトを緩めて、リムとヘッドを取り外します。

中のクッション材でのミュートがボロボロだったので、新しく作る事にしました。

c0147116_19203257.jpg


毛布でも良いんですが、今回バスドラムに選んだヘッドがレモのパワーストローク3という事もありミュート感が出過ぎるので、古いTシャツでミュートを作ります。

c0147116_19201624.jpg


ガムテープでこんな感じに貼付けます。
打面、フロントとも同様に。
フロントはコーテッドなので、今回は二カ所施しました。

c0147116_19203390.jpg


打面は前述のパワーストローク3です。絶妙なミュート感とアタックとボリュームが出るので、人気のヘッドです。
タムと同じくヘッドを伸ばします。

チューニングは、ヘッドの真ん中を押さえて倍音を取り、各ボルト周辺のピッチを合わせていきます。
各ボルトのテンションが近づくほど倍音が消えて素直な音になります。
必要であればガムテープやディッシュなどでミュートを施します。

ドラマーによって体格や叩き方が違ってきますので、正しいチューニング方法というのは人それぞれかと思います。
入り口は同じかもしれませんが・・・。
なので、何度も張ったり緩めたり、いろんな種類のヘッドで試して楽器の声を聞いてあげる事が大事なような気がします。あれ、かっこいい事言っちゃった。

スタジオやライブハウスのセットでも、ちゃんとチューニングすればある程度の音までは導けると思います。
タイコの材質、サイズ、ヘッドの種類の特性をほんの少しでも良いので頭に入れておくだけで、チューニングが劇的に変わるような気がします。
僕もまだまだ勉強中なので偉そうには言えませんが笑

c0147116_1920176.jpg


以上で大体の張り替えが完了しました。一時間強の作業でした。
後はスタジオに持っていって細かいチューニングをします。
それまでは皮を馴染ませる為の熟成期間です。

これは僕の方法ですので、「ここ違うじゃん」と思われた方がいたら申し訳ありません。

僕が教えている生徒のほとんどからチューニングが未知の世界だという意見を聞いていまして、たまにレクチャーするのですが、ヘッドの張り替えやチューニングに挑戦する方の為の少しでもお手伝いになれば幸いと思いせっかくなので書いておきました。

ではでは!



hit it!!
あきら


人気ブログランキングへ ←応援のワンクリックをお願いします。
[PR]
by akira00328 | 2012-07-26 20:40 | 音楽

田中陽 ドラマー。


by akira00328
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31