オトループを辞めることについて

ご無沙汰しております。
陽です。


既に発表済みなのでご存知の方も多いとは思いますが、この度オトループを脱退する事になりました。

たくさんの方に出会い、お世話になり、たくさんの土地でライブをし、たくさんの発信をして来たオトループとしての四年間でした。

3月1日の渋谷CRAWLにて、最後のライブとなります。
2月19日の吉祥寺Planet Kを含め、気づけば残り二本となりました。

急な事なのでびっくりされた方も多かったと思います。
ファンの皆さまから、

「なんでやめてしまうの?」
「これからどうするの?」

中には
「田中はもう音楽をやめるんではないか」

という声ももらいました。

もう特に内緒にしとくような事も無いので、包み隠さずお話し出来たらと思い、ブログを書いております。


オトループでの活動を重ね、楽しい事や嬉しい事がたくさんありました。
同じくらい、苦しい事や悔しい事がたくさんありました。

それぞれのバンドに対する考え方で、ぶつかった事も少なくありませんでした。

自分の中でのバンドの比重が増えて、とても充実していました。

反面、その分時間も気持ちも余裕が無くなっていました。

この一年、色んな要因で素直にドラムに気持ちを向ける事が難しくなっていました。

自分の余裕のなさから周りにスケジュール的にも迷惑をかけることが増え、そんな自分を情けなく思いました。

そのことでメンバーとも何度も話しました。

フラットな気持ちでドラムが叩けなくなってきていることを感じていました。

素直に音楽を表現する事が難しくなっていました。
音にも出ていたと思います。


僕がバンドを離れる意思と、メンバーが僕無しでバンド活動を続ける意思。
お互いの気持ちを素直に話し、円満に結論を出しました。


ツアーファイナルを見届けずバンドを離れるのは残念でなりませんが、ツアーファイナルのワンマンは新しい形でのオトループを見せたいというメンバーの希望によりこのタイミングでの脱退となりました。

新しいオトループに期待してください。
僕も本当に楽しみです。


僕はオトループでロックドラマーとして成長させてもらったと心から思っていますし、メンバーまたは周りのスタッフ、レーベルのスタッフ、協力してくださる皆様達からたくさんの事を学ばせていただきました。

またその皆様の仕事ぶりから、自分を見つめ直すきっかけもたくさん貰いました。

月並みですが、オトループがなかったら、応援してくださる皆さんがいなかったら、今の自分はきっと存在していません。

必要なかったかもしれないけど、これから進んでいく為にこんな内容のブログを書きました。


今までオトループ田中を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
どうかこれからも活動を楽しみにしていただけたら嬉しいです。


僕にとってドラム、そして音楽は自分自身の表現の一つであり、仕事でもあります。

プロのドラマーとして、ドラムを仕事として生活出来ている事を自分の誇りとしていますし、自分自身へのプレッシャーにもしています。

なので今後とも音楽表現をやめる事はありません。無職になっちゃうので。


具体的には、サポートなどのセッションワーク、もう10年続けているヤマハでの音楽講師活動。ワークショップ。
自分が代表で音楽教室も立ち上げましたので、そちらのお知らせも定期的にさせていただきます。

また、オトループに集中するために止まってしまっていた自分リーダーのグループもあるので、それをまた動かしたり、新たなグループや表現も模索して行こうと思っています。

気持ち的には充電期間など設けず、すぐさま動き出すつもりなので、またすぐ皆さんにお会いできるかと思います。
その時はよろしくお願いします。

これからも自分のドラムで道を切り開いていきます。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくれてありがとう。
また会いましょう。


なんていうか、たくさんの人がこんな僕を気にかけてくれまして、感激しました。
沢山の愛に触れて、僕は幸せ者です。

ありがとうございます。


田中陽

[PR]
by akira00328 | 2015-02-06 18:14

田中陽 ドラマー。


by akira00328
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31