ナノ、ドイツワンマン大成功!そして明日のリーダーライブ、メンバー紹介!

ドイツでのナノ単独公演、無事に終え、帰って参りました!

c0147116_4241215.jpg



今回初めてナノバンドに混ぜていただき、加えて異国でのライブ…

不安もありましたが、なんとか成功で終えられてとてもホッとしています。

c0147116_4241594.jpg



お客さん、スタッフ、メンバーみんなに対するナノの愛と、みんながナノに対する愛。

とても素敵なステージ、遠征でした。

c0147116_4242550.jpg



翌日は観光をしつつ、夜はヨーロッパツアー中のMUCC先輩のライブを隣町まで見に行ってきました。
ドイツを沸きに沸かせたライブの後の、MIYAアニキと一枚!

c0147116_4253674.jpg



ドイツの写真たくさんあるのですが、載せきれない!
選びきれない!

ちょっと選別に時間もらえますか?笑

c0147116_4253493.jpg





さてさて!

明日は遂に田中陽リーダーライブ!!

田中 陽 リーダーセッション
RICE FIELD SESSION

5/28木

下北沢 BAR rpm
チャージ前売り2500円 当日3000円

19:30スタート 21:30終演予定
2ステージ制 入れ替えなし

メンバー大紹介しちゃいます!


c0147116_424432.jpg



NAPPO Guitar

昭和60年1月8日生まれ
現30才

担当/ギター、作曲、編曲
所属/CANVAS、Gacya&Nappo
サポート/WEBER、no entry、安部たかのり、FRISCO、B,B,Mo-Franck、Macka Raffin、Zboned Zubon、三ヶ尻光孝(Never Land、Warp-Generation)、Kinki Kids(TVサポート)、その他舞台音楽、CM音楽等

専門学校 東京ミュージック&メディアアーツ尚美卒業後、ロックレゲエ且つジャムの要素を入れた『Illegal JAM』や、上々颱風のドラマー渡辺マント氏プロデュースのジプシー歌謡お祭りバンド、『クンクンニコニコ共和国』、その後自身のバンド『Gorilla Japan』等バンド活動に没頭。
同時にアコースティックギターのワークショップや、ジャンルを問わずシンガー、バンド、舞台音楽、CM音楽等ライブ、レコーディングサポートも平行して活動。

現在は5人組ダンスボーカルグループ 『WEBER』のバンマスや、映画BECKにも出演、挿入歌の起用もあったエレクトロバンド 『no entry』のサポート、ワンラブジャマイカFESで優勝したシンガー『Gacya』とのアコースティックユニット、UKな色もあるポップ且つ淡い色も持つバンド『CANVAS』その他様々なアーティストのサポート、楽曲提供、など幅広く活動中。


加藤裕一 Bass

浪人時代にMarcus Millerに影響を受け大学進学と共に20歳でベースを始める。
大学在学中よりサポート活動を始め、70’Funkに傾倒しながらその活動の幅を広げて行く。
2009年にはJazzFunkプロデューサー”DavidBendeth”の誘いで全米六ヶ所を周る全米ツアーを経験。
これによりアメリカでの演奏の機会が増える。
その後、アレンジャーとしても活動を始め、楽器の持ち味を生かしたアレンジとして評価を得ている。
現在ベーシストとしては国内外でレコーディングやライブ演奏をし、
アレンジャーとしてはインディーズ・メジャー問わず精力的に活動している。

その他、
講師業にも力を入れており、スラップやグルーヴベースの指導に一定の評価を得ている。



川治恵美 Key

5月12日、ニューヨークに生まれ。7歳でピアノのレッスンを始め、国立音楽大学に入学。
在学中は ラヴェル、ドビュッシーなどフランス音楽の影響を受ける。
首席で卒業後、バンド活動を開始。ファンク、ジャズ、フュージョンなどの音楽に親しむ。
ハモンドオルガンサウンドをメインとした自身のオリジナル曲でのライブやアーティストのサポート、鍵盤楽器指導も熱心に行なっている。


金成朋美 Sax

2009年、国立音楽大学サクソフォーン科卒業。在学中ニュータイドジャズオーケストラに所属。
卒業後はジャズをメインにホーンセクションでのライブやホーンアレンジなども手掛ける。



ゲストボーカル 篠宮鈴児 Ray Soul

アシッドソウルバンド、DIGG'IN SOULのVo。
ソロでもギター弾き語り等で活動の後、2012年、 NYCでRay Soulとしてマンハッタンのライブハウスや路上で活動。
2013年5月、 Soulミュージックの殿堂NYアポロシアター・ アマチュアナイトにて優勝。
以後、都内、全国に関わらず、海外でも活動している。



田中陽 Drums

1984年生まれ、新潟県上越市出身。
小学生の頃、友達に誘われて通った打楽器グループがきっかけで音楽に親しみ、
打楽器を山口浩一氏(新日本フィル名誉主席、日本打楽器協会会長)に師事。

プロドラマー平川象士氏(熱帯JAZZ楽団、Gravitational Force Field, Groove Sonic, etc.)に出会い、師事した事により自らもプロドラマーを志し、高校卒業後に上京。
専門学校ミュージック&メディアアーツ尚美卒。

21歳でヤマハ PMS 講師資格試験に合格。
レッスンプロとしても活動をスタートし、音楽教育について10年以上現場で実践し多くを学ぶ。

演奏家としては、パワフルかつ小回りの利く流動的なドラムで、
様々なジャンルのアーティストから支持を得る。

Summer Sonic’09など大型ロックフェスに出演するなど活動の場を広げ、研鑽を積んだ後、
ギターロックバンドオトループのメンバーとして、キングレコード・Bellwood Recordsが手がける
ロックレーベル「Rockbell」の第1弾アーティストとしてデビュー。

ミニアルバム「オトノベル」(渋谷タワーレコード週間チャート第3位)、
ミニアルバム「カタリベシンパシー」(渋谷タワーレコード週間チャート第6位、
日本テレビ「ミュージックドラゴン」タイアップ)を全国発売。

オトループでの自作曲「Jammin' to born」がテレビ朝日「さまぁ~ず×さまぁ~ず」
番組CM曲として起用されるなど作曲活動にも力を入れる。

2015年にオトループを脱退した後、フリーランスのドラマーとなった後、和田光司氏のデビュー15周年記念ワンマンや、ドイツ・デュッセルドルフで行われたナノ氏の1000人規模のワンマンライブに参加、またインストユニットSyncでの活動など、演奏の幅を広げている。

これまで和田光司、ナノ、西澤幸奏、三ヶ尻光孝、scope、森翼、井上マー、実平雄飛、西郷葉介、瀧澤博人 等のライブ、レコーディングに参加。

また、誰にでも手軽にドラムに触れて欲しいという考えのもと、自ら代表を務めるHelios Drum Schoolを開校。
これまで200名以上を指導してきたノウハウを生かし指導に当たっている。



明日だと思ってたら、もう朝だ!もう今日だ!

準備を急ぐ!

絶対最高の一日にします!


※使用機材のページ
随時更新してますので、是非ご覧ください。
EQUIPMENTS

※各種チケット予約、お問い合わせは
drums_per@yahoo.co.jp までお願い致します。 

[PR]
by akira00328 | 2015-05-28 04:22 | 音楽

田中陽 ドラマー。


by akira00328
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31